2007年12月31日

編集者という病い

4778310500編集者という病い
見城 徹
太田出版 2007-02

by G-Tools



2007年122冊目
posted by 番長 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

1R男

43449903071R(ワンルーム)男~28歳の社長、上場物語
杉本 宏之
アメーバブックス 2006-04-25

by G-Tools



2007年85冊目

エスグラントコーポレーションを28歳にして名証セントレックス上場にまで導いた杉本社長の自伝。
実は小生は著者である杉本氏と同年代で、本書の中でも出てくるドリコムの内藤社長と並んで、同い年のビジネス界での出世頭という印象は持っていたものの、知っていたのはビジネス上の実績だけで、その背景などは全く知らなかったので、その劇的な歩みには結構な衝撃を受けた。
以前何かで一日にマンションを三棟売ったことがあると言っていたような記憶があるが、やはり営業の腕は相当なんだろうなと思う。そして、経営者としては優秀でない訳はないのだろうが、どちらかというと、カリスマ性で皆を巻き込みつつ、引っ張って行くようなタイプではないかというのが、読後の印象。
自分の生温さに少々嫌気がさしてきて、ちょっと触発されるものがあった。
77年生まれの頑張りたいビジネスマンに読んでほしい本だ。

85点
posted by 番長 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

アスピレーション経営の時代

4062820110アスピレーション経営の時代 (講談社BIZ)
江幡 哲也
講談社 2006-04-21

by G-Tools




2007年77冊目

リクルートからスピンオフで誕生したベンチャー企業オールアバウトを上場まで導いた江幡さんの話。
タイトルのアスピレーションとは「志」ということのようですが、会社、あるいはWebサイトを運営していく中で、根底にある世直しという考え方に、熱く、そして、真摯に取り組んでいることは伝わってきます。
よかれあしかれ、いかにもリクルート出身という印象は強い。
個人的に興味深かったのは、オールアバウトというサイト自体はいわゆるWeb2.0、特に集合知というようなところと対照的な考え方の元に成り立っているのかなと感じたところ。
結構、検索エンジンで知りたい情報を調べると、アールアバウトとウィキペディアがヒットすることが多いのだが、全く対照的な性格を持っていることは面白い。

64点
posted by 番長 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

ぼく、路上系社長

ぼく、路上系社長 Amazonで詳細を見る
ぼく、路上系社長
前橋靖(著)   単行本(2006/9)亜紀書房


2007年53冊目

以前、「ガイアの夜明け」で取り上げられたのを見て、気になっていた「エム・クルー」という会社社長の自伝的読み物。
なぜ、現在の「レストボックス」というフリーターや求職者に住居を提供するようなビジネスを始めるにいたった経緯などをはじめ、著者の熱い気持ちなどが伝わってきます。
やってることは全然違うが、同じくホームレス出身社長と言われるOKWaveの兼元社長あたりとも相通ずるような精神を感じた。
著者ならではのホームレスのノウハウや、ソフトバンクの孫さん冷たくあしられたくだりなども語られているが、非常にユーモアのある語り口で、面白く読めます。
ただし、最後の方で和して同ぜずの気持ちが大事、どこか孤高の気持ちが必要というのは、非常に説得力もあるし、自分もそうなのだが、現在の環境に慣れてしまいたくない、打破したいと考えている人にとっては、肝に命じておかなればならないと強く思った。
堅苦しく、ビジネス書として読むよりも、破天荒な半生を綴った自叙伝として読むのが正解かもしれませんが、熱い気持ちを注入したい人にはオススメしたい本です。

85点
posted by 番長 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス>人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。