2007年07月16日

となり町戦争

408746105Xとなり町戦争 (集英社文庫)
三崎 亜記
集英社 2006-12

by G-Tools



2007年73冊目

またまた新規開拓。
タイトルから筒井康隆の『東海道戦争』みたいなものを想像していたんですが、まるっきり違いました。
戦争について色々と考えられさせるところはあります。
でも、正直なところ、個人的にはあまり好きな作品ではないです。
おそらく好みが結構分かれる作品ではないかと思います。
まあ、デビュー作で、これだけ個性のある作品を出したということを考えると今後の期待大というところなのでしょう。
表紙がセンスあるなと思ったら、鈴木成一デザイン室。さすがだ。

50点
posted by 番長 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説>三崎亜記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。