2008年04月02日

大人が知らない携帯サイトの世界

4839924767大人が知らない携帯サイトの世界 ~PCとは全く違うもう1つのネット文化~ [マイコミ新書] (マイコミ新書)
佐野 正弘
毎日コミュニケーションズ 2007-09-08

by G-Tools



2008年4冊目

世代の問題もあるのだろうが、小生はインターネットはほとんどPCからの接続で、携帯からは出先で電車の乗換えや時刻を調べる程度である。
それゆえ、モバゲーやケータイ小説のヒットは知っていても、世代ギャップくらいにしか捉えていなかったが、やはりヒットが出るにはその背景があることをあらためて認識。
同じインターネットでも、PCとケータイでは全く文化が異なっており、そして、若者世代にとってはケータイのネット文化が当たり前のものとなっていることを痛感した。
この違いは今後ネット対策を練るにあたって知っておかなければいけないことであろうし、ターゲットの年代や属性にとっては勝敗を分かつ致命的なものにある可能性さえある。
事例も豊富でマーケティングなどにかかわる人にとっては読んでおいて損はないであろう一冊。
posted by 番長 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

極楽タイ暮らし

極楽タイ暮らし 詳細はこちらで
極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ   ワニ文庫
高野秀行(著)   文庫(2000/9)KKベストセラーズ


2007年48冊目

ワニ文庫だからか、出版年が古くなっているからかは分かりませんが、高野さんに魅了されて以降、探していたのになかなか見つからなかった本書をやっと発見。
高野氏の他の集英社で出ている文庫とはまた一味違った作品で、冒険色といったトーンではないです。
高野氏がタイの大学で日本語講師を勤めた経験などを基に、タイ人の思考や文化性などを綴ったものですが、そこは著者らしく、ただの比較文化論であったり、ガイドブックとは一線を画したものになっている。
悪く言えば下世話な内容も多いが、そういったところにこそ慣習や習俗の違いなどの本質が色濃く出ているように思えて、非常に面白い。
人物を鮮やかに、時には生々しく、描写する高野氏ならではの現代タイ風土記であり、冒険家ではなく、ライター高野秀行の真髄と実力をまざまざと見せつけてくれた一冊である。

85点
posted by 番長 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

「世界の神々」がよくわかる本

「世界の神々」がよくわかる本.jpg 詳細はこちらで
「世界の神々」がよくわかる本  PHP文庫
東ゆみこ(監修),造事務所(著)   文庫(2005/12/2)PHP研究所


2007年47冊目

ギリシア神話をはじめ、世界各地に伝わる神話に登場する神々をイラストと供にそのエピソードなどを交えて紹介しています。
副題に出ているような誰でも知っているような著名な神様から、詳しい人でなければまず知らないような神様まで幅広く取り上げています。
その分、個々の神様のエピソードは物足りない感は否めませんが、文庫本であることを考えると、広範囲かつツボを押さえた良書でしょう。
ファイナルファンタジーやなどのRPGゲームや漫画等の元ネタになっている神々も非常に多く、これらの神々が現代においても、非常に影響力を持ち、また、愛されているということが分かります。
惜しむらくは、最終章で、創作神話であるクトゥルー神話を取り上げていますが、現代の創作神話よりも、ミクロネシアやアフリカ等のマイナーでもきちんと伝わっている神話等を紹介する方が良かったように思う。
神話等に興味がある人にとっては入門書的な一冊であり、本書で興味を深めたならば、その各神話の専門書に移っていくというのも良いのでは。

71点
posted by 番長 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

世界の日本人ジョーク集

世界の日本人ジョーク集 詳細はこちらで
世界の日本人ジョーク集   中公新書ラクレ
早坂隆(著)   新書(2006/1)中央公論新社


2007年39冊目

大ヒットした本書もブックオフで100円でGET。
マジメに読む類の本ではないけど、日本人が世界でどのような眼で見られているか参考にもなります。
ある意味、この手のジョークの多少は国の存在感みたいなものもあると思うし、ネタにされないよりは、これくらいでネタにされているくらいが丁度良いのではないでしょうか。
仕事中の電車の移動中などにリフレッシュで読むのが最適ではないかと思います。

70点
posted by 番長 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。