2007年01月28日

押し出せ青春

押し出せ青春 詳細はこちら
押し出せ青春   小学館文庫
須藤 靖貴(著)   文庫(2006/12)文庫


2007年10冊目

前作である野球を題材にした短編集『フルスウィング』を読んで、気になっていた著者の新作ということで購入したが、相撲が舞台の小説とはまさにキターーーーーといった感じ。
しかも、単純に力士を主役にしたという風の小説ではなく、元々著者は相撲雑誌の編集もしていたということでもあり、スポーツ界を舞台にした小説に欠かせない詳細なその世界の知識なども隠語などをはじめ豊富に盛り込まれている。
角界という特殊な世界ではあるが、その世界の住人である力士の大半は20代前半の若者でもあるということを思い出させてくれる。

75点
posted by 番長 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説>須藤靖貴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。