2006年05月05日

東京タワー

東京タワー 詳細はこちらで
東京タワー 新潮文庫
江國 香織(著)    文庫(2006/02)新潮社

今年28冊目

模倣犯読んだあとなので、同じミステリ系の小説読んでもそんな面白く思えなさそうという気持ちと、どす黒い作品のあとなので、評判の高い恋愛小説でもと思い、手に取ったのがこれ。
普段、恋愛小説を読み慣れていないからなのか、正直どこが良いのかよく分かりません。
同年代の彼女がいながら、人妻をフレンドにして、割り切っているようで割り切れていない若い大学生の男の描写は結構共感できるが、そこくらいかな。
関係ないが、映画で詩史という女性が黒木瞳なのはナイスキャスティングかと。
自分にはこの作品が理解できないから女性にもてないのでしょう(笑)

37点
posted by 番長 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説>江国香織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。