2007年11月24日

チーム・バチスタの栄光

4796661611チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)
海堂 尊
宝島社 2007-11-10

by G-Tools

4796661638チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))
海堂 尊
宝島社 2007-11-10

by G-Tools



2007年114、115冊目

「このミス」大賞にして、絶賛されまくっていた話題作が早くも文庫化されていたので即購入。
病院での手術死という舞台設計は医療事故が看過されない問題になってきているだけに医者でもある著者が最も訴えたいテーマでもあるのだろう。
さらに、病院の内情や院内政治、院内の人間関係の細かい描写は肌で病院組織を知っている著者ならではのものであり、物語のともすれば少々突飛な舞台背景も強いリアリティを演出させている。
しかし、なによりもこの小説の最大の魅力は探偵役である白鳥の強烈なキャラクターとその言動に尽きる。
助手役である田口とのコンビでの作品がシリーズとして、二弾、三弾がリリースされているようなので、続編も期待してしまう。

84点
posted by 番長 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説>海堂尊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画化――海堂尊【チーム・バチスタの栄光】
Excerpt: 出演は竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎、野際陽子、平泉成、國村隼。 監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋...
Weblog: ぱんどらの本箱
Tracked: 2007-11-25 09:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。