2006年12月30日

ウェブ人間論

ウェブ人間論 詳細はこちらで
ウェブ人間論   新潮新書
梅田 望夫(著)、平野 啓一郎(著)  新書(2006/12/14)新潮社


今年88冊目

「ウェブ進化論」の梅田さんと「日蝕」の芥川賞作家平野さんという異色の組み合わせの対談本。一目見ただけで即購入決定。
あとがきで梅田さんが「ウェブ・人間論」であり、「ウェブ人間・論」であるということを述べていたが、まさに本書を一言で表している。
また、同じくあとがきで「ふだんは注意深く避ける表現や仮説にも、思い切って踏み込んで」とあったが、本書では、意図的にそこに踏み込んでいるように思える。そして、それは、梅田さんだけではなく、平野さんからも半ば意図的に、梅田さんのそういった表現を引き出すために行われているようにも感じた。
一つ一つのテーマに関しては、深掘りして検証したものでないかもしれないが、まさに対談という形式を最大限に活用された、対談本ならではの一冊。
印象的だったのは本の将来的なくだりで、平野さんが危機感をかなり感じているのに、梅田さんがいやそんなことはないといった感じで応えるところ。非常に興味深いやりとりである。
「ウェブ進化論」に引き続いて、まさに今読むべき名著である。

94点
posted by 番長 at 01:44| Comment(2) | TrackBack(2) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック頂きまして、
こちらの記事を拝見いたしました。
全く畑違いの二人の対談は、時に
スリリングで、なかなか興味深く読ませて
くれる一冊でしたね。私は平野啓一郎氏の
ファンですが、梅田望夫氏の著作も
また読もうと思いました。
Posted by R at 2006年12月31日 18:54
初めまして!
TBさせていただきました。

2人の考え方の違いがはっきりして
いて読んでいて実に面白いですよね♪
視点の違いとも言えるのでしょうが。

自分も平野さん的考察には非常に
興味があって読んでよかったです(^.^)b
Posted by ちぇこ at 2009年03月06日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30512075

この記事へのトラックバック

ウェブ人間論 公的領域に生きるブロガー
Excerpt: http://d.hatena.ne.jp/keiichirohirano/20061214/1166084120 梅田望夫氏と平野啓一郎氏との対談『ウェブ人間論』が刊行されました。 前から楽しみ..
Weblog: ブエノスアイレス午前零時
Tracked: 2006-12-30 16:58

ウェブ人間論
Excerpt: 書き方だけど、面白かった順とか出版順 とか考えたけど、前後関係おかしくなりそう なんで、結局読んだ順で書いてきます^^; ウェブ人間論 (新潮新書)著者:梅田 望夫販売元:新潮社発売日:20..
Weblog: ☆ひま人日記☆
Tracked: 2009-03-05 21:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。